トータルな福祉活動を実践する
移動入浴車のパイオニア、販売シェア No.1

老人福祉研究所
お〜風〜呂.info
  1. HOME
  2. セミナー・書籍
  3. これまでのセミナー実績
  4. 第55回全国入浴福祉研修会(東京教室) / 終了報告・開催レポート

これまでのセミナー実績

第55回全国入浴福祉研修会(東京教室) / 終了報告・開催レポート
 

 平成31年2月22日(金)、東京都中央区の紙パルプ会館にて、第55回全国入浴福祉研修会を開催いたしました。平日の開催にもかかわらず、北は青森県、南は沖縄県より約100名の方にご参加いただきました。

 今回のメインテーマは、『地域の中での入浴を考える』~暮らしの中に希望と彩りを~としまして、二部構成で行いました。一部では、平成30年度老人保健健康増進等事業「訪問入浴介護の今後のあり方に関する調査研究事業」の報告会、二部では、厚生労働省によります行政説明、松戸市高齢者支援課より地域包括ケア実践事例のご紹介、基調講演におきましては、東京都港区にて医療法人社団 悠翔会を開設し、理事長・診療部長として首都圏でご活躍の佐々木淳氏に「これからの医療と介護のカタチ」~多職種で支える在宅ケア~と題しご講演いただきました。大変好評のうちに終了しております。

 研修会においてご参加の皆様より寄せていただきましたアンケートの内容は今後の活動に活かすべく、次年度におきましても皆様のお役に立つような研修会の企画・運営を心掛けてまいります。どうぞご期待くださいますようお願いいたします。

レポ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師紹介
主催者挨拶

㈱デベロ 専務取締役 浅野由美より、55回目を迎えた全国入浴福祉研修会(東京教室)の主催者挨拶をさせていただきました。

調査研究報告会
平成30年度老人保健健康増進等事業
「訪問入浴介護の今後のあり方に関する調査研究事業」の報告
●ワーキンググループ①報告
「訪問入浴介護における情報の共有化による生産性の向上(ICTの活用)」について
●ワーキンググループ②報告
「訪問入浴介護事業へのアンケートによる実態調査」について
●ワーキンググループ③報告
「小規模多機能及び看護小規模多機能型居宅介護の訪問時における入浴支援(訪問入浴介護の活用)」について
【報告総括】
早坂 信哉
東京都市大学人間科学部教授
日本入浴福祉研究会理事
【進行】
梅澤 秀樹
㈱デベロ 取締役統括営業本部長
【報告者】
植田 有司
㈱デベロ デベロ老人福祉研究所所長
※報告書につきましては、4月以降にホームページにて掲載予定です。新着情報をご確認ください。
行政説明

「介護保険制度の動向について」

1.介護保険制度の現状
2.平成30年度介護報酬改定
3.2019年度介護報酬改定
4.今後の方向性など
処遇改善加算全体のイメージ、訪問入浴介護の現状・今後についてもご説明いただき、さらに理解を深めることができました。
厚生労働省 老健局振興課
基準第一係長 宮本 和也 氏
地域包括ケア実践事例

「まつどDEいきいき高齢者」

~高齢者が安心して暮し続けることができる地域づくり~

1.松戸市の概要について
2.地域における課題について
3.在宅医療・介護連携の取組みについて
4.認知症になっても住み慣れた地域で暮らすために
5.地域共生社会の取組みについて
松戸市の取組み事例として、地域個別ケア会議、地域包括ケア推進会議について、認知症の方がおもてなし「プラチナカフェ」開催の動画等、非常にわかりやすくご紹介いただきました。
松戸市高齢者支援課 地域包括ケア推進担当室
課長補佐・保健師長 長島 朋子 氏
基調講演
「これからの医療と介護のカタチ」
~多職種で支える在宅ケア~

 

優しい語り口で在宅患者の価値観、暮らしを守る佐々木医師に対し、会場からは、

・すばらしい講演でした!

・高齢者の食事や医療など、はっとさせられる内容ばかりでした。

・利用者の生き方、自分の生き方を考えました。

・常識が変わりました。わかりやすかったです。

等、多数ご感想を寄せていただきました。

 

医療法人社団 悠翔会
理事長・診療部長 佐々木 淳 氏
閉会挨拶

㈱デベロ 取締役統括営業本部長 梅澤 秀樹より、閉会の挨拶をさせていただきました。

受講証授与
受講者代表に修了証の授与が行われました。
平日開催の中、全国よりたくさんの方にご参加いただきました。改めまして深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。
> セミナー実績一覧に戻る