トータルな福祉活動を実践する
移動入浴車のパイオニア、販売シェア No.1

老人福祉研究所
お〜風〜呂.info
  1. HOME
  2. セミナー・書籍
  3. これまでのセミナー実績
  4. 第64回入浴福祉レベルアップセミナー(福岡教室)

これまでのセミナー実績

第64回入浴福祉レベルアップセミナー(福岡教室)
 

5月27日(土)、福岡県福岡市の博多駅前にて、第64回入浴福祉レベルアップセミナー福岡教室を開催いたしました。2年ぶりの開催ということもあり、福岡をはじめ、佐賀、長崎、大分、熊本より多数の方がご参加。午前中は、昨年度、一昨年度に実施しました調査研究事業のご報告及び入浴の特性を活かした連携ポイント、訪問入浴介護の実際と押さえておくべきポイントの2つの講義を行いました。また、午後からは講義&グループワークとしまして【訪問入浴介護のケーススタディ】を行いました。実際に訪問入浴介護を行う中で、与えられた課題ばかりではなく、会場からも、今現在問題になっている事例を挙げていただき、ケーススタディとして採りあげさせていただきました。ほかにもたくさんのご質問をいただき、大変熱のこもった時間でした。

講師紹介

講義・総括 株式会社デベロ 取締役 統括営業本部長 梅澤 秀樹

講義・グループワーク・意見交換会 株式会社デベロ デベロ老人福祉研究所 佐藤 佳奈美

【講義1】訪問入浴介護のごれからの課題~入浴の特性を活かした連携ポイント~

一昨年度に実施しました調査研究事業のご報告より訪問入浴介護の現況と課題について、これからの事業所・従事者に求められる要素など、ポイントを交えてお話させていただきました。会場からは、『もっと聞きたかった。』、『今後の介護保険サービスの展開を予想され、的確な意見だった。』等、のご感想をいただきました。

【講義2】訪問入浴介護の実際と押さえておくべきポイント

訪問入浴介護の流れに沿って、湯温、入浴時間、洗い方、感染症対策、ヒヤリハット等、事故防止のためのポイント、手順とその背景や理由について説明させていただきました。会場よりご感想をいただきました。

『日頃行っている事だが、微温浴の重要性と効果等、細かい所を再認識する事ができた。』

『スタッフに押さえておくべきポイントを熟知させます。』

『フローチャート等、事業所で作成したくてもそれにかける時間が取れなかったので、今回の資料を使用させていただきます。』

【講義&グループワーク】訪問入浴介護のケーススタディ

ふだんの業務の中で、『こんな時どうしよう?』と言う場面をいくつか課題・事例として採りあげ、グループに分かれて、短時間で最良の方法を話し合っていただきました。

『多様な意見があっておもしろい。サービスに生かせる。』、『グループワークをすることで違う目線もあるのだと改めて気づきました。』等のご意見を寄せていただきました。

【意見交換会】訪問入浴介護意見交換会

グループに分かれ、課題を決めていただき、それについて意見の交換をしていただきました。一番多かった課題は、【安定した利用者確保のために】、【感染症対策】、【移乗方法】が続きました。

会場からのご感想

『日頃感じていた事が、参加された皆さんと共有できて良かった。』

『他の事業所の方々も日々頑張っているんだと実感した。明日からまた自分も頑張っていこうと思った。』

『他の事業所の方と話せて新鮮だった。』

『また参加したい!!』

> セミナー実績一覧に戻る