トータルな福祉活動を実践する
移動入浴車のパイオニア、販売シェア No.1

老人福祉研究所
お〜風〜呂.info
  1. HOME
  2. サポート・メンテナンス
  3. メンテナンス検索方法
  4. 湯灌関連
  5. 湯灌車のカプラー及びボールバルブの交換方法

サポート・メンテナンス

湯灌車のカプラー及びボールバルブの交換方法
 
湯灌関連

タイトルなし2ホース連結部やボールバルブを閉めているのにポタポタと水漏れがする様になった事はありませんか?

水圧によるカプラー、ボールバルブの摩耗が原因です。

カプラー、ボールバルブは消耗品です。

定期的に交換をして下さい。

 
必要な道具

プラスドライバー

 

ウォーターポンププライヤー

 

ボックスドライバー

 

プラスドライバー

 

ウォーターポンププライヤー

 

ボックスドライバー

手順.1
手順画像

まず、ボールバルブの交換です。

 
手順.2
手順画像

ボールバルブつまみが受け皿と干渉してしまうのでつまみを外します。つまみの中心に固定ネジの蓋があります。カッター等、先のトガった物で引っ掛けます。

手順.3
手順画像

引っ掛かったらそのまま上に押し上げて蓋を外します。カッターの取り扱いの際にはケガ等しない様、十分に注意してください。

 
手順.4
手順画像

プラスドライバーを使用して内部の固定ネジを左回りで取外し、ボールバルブつまみを外します。

手順.5
手順画像

モンキーレンチで給水・給湯受け皿から外したら、モンキーレンチを2つ用意してボールバルブとカプラーを左回りで取外します。

 
手順.6
手順画像

新しいボールバルブのネジ山にシールテープを右回りで巻き付けます。4回を目安に巻き付けてください。

手順.7
手順画像

シールテープを巻き付けたら取外した逆順で取付けます。

 
手順.8
手順画像

ホース連結部から水漏れしている場合はカプラーの交換時期です。新しいカプラーと差し替えします。

手順.9
手順画像

コック付きカプラーの場合は前述(手順5)同様にモンキーレンチを2つ用意してボールバルブとカプラーを左回りで取外し、新しいカプラーと差し替えます。カプラーのみの場合はジュビリーバンドを緩めホースから抜き取り、新しいカプラーと差し替えます。

 
手順.10
手順画像

カプラーを脱着しづらいなど、不自由に感じることはございませんか。一般的なグリースは給湯時、お湯に油が混じってしまい使用することができませんが、オイルコンパウンドであればシリコン製なので潤滑用としての使用が可能です。

手順.11
手順画像

オイルコンパウンドを少量、カプラー内部に塗布していただくと容易にカプラーを脱着することができます。

 
一覧に戻る