トータルな福祉活動を実践する
移動入浴車のパイオニア、販売シェア No.1

老人福祉研究所
お〜風〜呂.info
  1. HOME
  2. サポート・メンテナンス
  3. メンテナンス検索方法
  4. 湯灌車のメンテナンス情報
  5. 水抜き方法

サポート・メンテナンス

水抜き方法
 
湯灌車のメンテナンス情報

 

無題1

 

日頃、弊社の湯灌車をご使用いただき誠に有難うございます。

今回は水抜き方法についてご説明いたします。

水抜きを怠ると夏季は藻が発生したり、冬季は凍結により配管や機器の破損を招きます。

準備をしておけばトラブルを未然に防ぐ事も可能です。

 

手順.1
手順画像

始めに運転席側のスライドドアを開け、手前の床面に貯湯タンクの水抜きバルブが有ります。バルブを開いて水抜きをしてください。

※注意)この時点で貯湯タンク内部の水をあらかじめ抜いてください。以後の水抜き時に貯湯タンク内部の水が抜けていないと貯湯タンク内部の水が流れ出てくる為、受皿が一杯になって水がこぼれます。

 
手順.2
手順画像

次に運転席側サイドステップ下のバルブを開きます。

手順.3
手順画像

サイドステップ受皿の配管用水抜きバルブと貯湯タンク用水抜きバルブを開いて水抜きします。※手順1(注意)参照

 
手順.4
手順画像

次にサイドステップ受皿上の手洗い回収バルブを開き水抜きします。※手順1(注意)参照

手順.5
手順画像

続いて給湯ポンプです。グレー色のカバーを上にスライドして外します。

 
手順.6
手順画像

給湯ポンプの正面に取付けられている吸込み側の水抜きバルブ開きます。※手順1(注意)参照

手順.7
手順画像

続いてケーシング水抜き栓を外します。※手順1(注意)参照

 
手順.8
手順画像

上部の呼水口栓を外します。※手順1(注意)参照

手順.9
手順画像

給水口、給湯口のバルブを開きます。※手順1(注意)参照

 
手順.10
手順画像

後部の助手席側の排水タンクバルブを開き、排水タンク内部の水抜きをします。※排水は自社で定められた方法で処理してください。

一覧に戻る