トータルな福祉活動を実践する
移動入浴車のパイオニア、販売シェア No.1

老人福祉研究所
お〜風〜呂.info
  1. HOME
  2. サポート・メンテナンス
  3. メンテナンス検索方法
  4. 湯灌車の取扱い注意点
  5. サーモコントローラーの取り扱い方法

サポート・メンテナンス

サーモコントローラーの取り扱い方法
 
湯灌車の取扱い注意点

トップ画

日頃、弊社の湯灌車をご使用いただき誠に有難うございます。

今回はスイッチパネルの取り扱い方法についてご説明いたします。

サーモコントローラーは温度を制御する部分です。

年式、型式により仕様が異なります。

操作方法も異なりますので参考にしていただければ幸いです。

手順.1
手順画像

こちらは現行PDB-7Aのスイッチパネルです。エンジンを始動させ、ウォーターポンプスイッチを上げてONにします。

 
手順.2
手順画像

エンジン始動後、ウォーターポンプスイッチをONにすると緑色のランプが点灯します。この作業がないと後部のサーモコントローラーが表示されません。

手順.3
手順画像

こちらもPDB-7Aのスイッチパネルです。旧タイプになりますが取付場所が違うだけで操作方法については同じです。

 
手順.4
手順画像

後部ハッチドアを開けると天板右下の制御ボックスにサーモコントローラーが取り付けられています。

手順.5
手順画像

こちらは現行のオムロン社製E5CCサーモコントローラーです。イグニッションキーをON→ウォーターポンプスイッチONで写真の様に表示されます。

 
手順.6
手順画像

赤点線が現在のタンク内部温度で黄点線が設定温度です。設定温度の変更は下にある①(下げる)、②(上げる)の2つのボタンで設定します。残りの3つのボタンに関してはサーモコントローラーの詳細設定用になりますので使用しないでください。

手順.7
手順画像

こちらはPDB-6Aの後期~PDB-7Aの前期まで使用していました、オムロン社製のE5CSサーモコントローラーです。

 
手順.8
手順画像

ウォーターポンプスイッチONの後、電源が入り写真の様に温度が表示されます。この段階ではタンク内部の温度のみを表示しています。まずは①のボタンを押します。

手順.9
手順画像

①のボタンを押したのち緑のランプが点灯したら設定画面です。この時に②で温度を下げ、③で温度が上げます。設定が終えたら①を押して元に戻し、完了です。

 
手順.10
手順画像

こちらはPDB-4A~6A前期まで使用していたスイッチパネルです。このタイプにはウォーターポンプスイッチ自体がありません。イグニッションキーのみをONにして下さい。

手順.11
手順画像

PDB-7A同様、後部のハッチドアを開けると天板右下の制御ボックスにサーモコントローラーが取り付けられています。

 
手順.12
手順画像

PDB-4A~6A前期まではこちらのキーエンス社製TF1を使用しています。まずは下の蓋を開けます。

手順.13
手順画像

キーをONにするとサーモコントローラーが表示されます。黄色い矢印のグレーボタンを押し、ONのランプが点灯したら設定変更モードになります。下の蓋を開けると①は百の位、②は十の位、③一の位とそれぞれ連動しています。設定変更が終えたら再度グレーのボタンを押して終了です。

 

どの型式でも同じ事ですがサーモコントローラーが表示がされない又はエラー表示がされる場合にはヒューズ切れやセンサーの断線、サーモコントローラー自体の異常が考えられます。異常が見受けられる場合には速やかに弊社へご連絡下さい。

一覧に戻る