トータルな福祉活動を実践する
移動入浴車のパイオニア、販売シェア No.1

老人福祉研究所
お〜風〜呂.info
  1. HOME
  2. サポート・メンテナンス
  3. メンテナンス検索方法
  4. 入浴車のメンテナンス情報
  5. コック付きカプラーの交換方法

サポート・メンテナンス

コック付きカプラーの交換方法
 
入浴車のメンテナンス情報

タイトル3給湯ホースなどに取り付けられているコック付きカプラー

水漏れや止水出来ない事はありませんか?

コック付きカプラーは消耗部品です。

定期的に点検し交換してください。

 
必要な道具

ボックスドライバー

 

ボックスドライバー

 
手順.1
手順画像

交換する前にコック付きカプラーの構造からです。左からユニオンナット、パッキン、ボールバルブV61-13、カプラー4TSFの順で取付けられています。

 
手順.2
手順画像

ボールバルブを閉じても止水が出来ない、またはカプラーから水漏れが止まらない場合は交換時期です。

手順.3
手順画像

ボックスドライバー(7mm)でジュビリーバンド(0)を反時計回り(画像の角度は左回り)で緩めます。

 
手順.4
手順画像

ジュビリーバンド(0)を緩めたらホースからコック付きカプラーを抜き取ります。

手順.5
手順画像

交換用のコック付きカプラーをホースにしっかりと奥まで差し込みます。

 
手順.6
手順画像

ボックスドライバー(7mm)でジュビリーバンド(0)を時計回り(画像の角度は右回り)で締めます。ジュビリーバンド(0)が最後まで締まらない時は合わせて交換してください。

手順.7
手順画像

通水、バルブを閉じて水圧を掛け水漏れがなければ完了です。

 
一覧に戻る