トータルな福祉活動を実践する
移動入浴車のパイオニア、販売シェア No.1

老人福祉研究所
お〜風〜呂.info
  1. HOME
  2. デベロについて
  3. 代表ご挨拶

代表ご挨拶

1972年に世界で初めて移動入浴車を開発・製造し「寝たきり老人に入浴を!」を合言葉に入浴福祉運動を進めて参りました。そして、現在、人生100年時代にむけて新しい社会のあり方が問われています。

1972年に世界で初めて移動入浴車を開発・製造し「寝たきり老人に入浴を!」を合言葉に入浴福祉運動を進めて参りました。そして、現在、人生100年時代にむけて新しい社会のあり方が問われています。

 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別の御高配を賜り、心より感謝申し上げます この度、株式会社デベロは創立50周年を迎えることとなりました。これもひとえに皆様の温かいご厚情の賜物と、心より深く御礼申し上げます。

 弊社は、1970年に創業社長である立井宗久が、「新時代の中小企業のあり方は自社開発、自社製品、自社販売である」との観点から、新製品開発及びアイデア提供を目的として㈱デベロの前身であるデベロ工業株式会社を発足したことからスタートしております。立井宗久は1950年代からFRP(ガラス繊維強化プラスティック)に着目し内風呂の普及を予測して浴槽の開発に乗り出しました。その中でデベロリハビーバスを製品化しその後このリハビーバスを車輌に搭載して1972年移動入浴車の商品化に成功いたしました。
 また、先代社長である立井宗興は、「流行を追うな、流行を創れ」をモットーに入浴福祉を担う看護婦(現在は看護師)や介護従事者に向けた安全入浴のあり方を研究し数々の研修プログラムを確立し虚弱高齢者等への訪問入浴のあり方を全国へ啓蒙いたしました。1974年から毎年開催している全国入浴福祉研修会は回を重ね、昨年度に第55回を無事終了することが出来ました。
 これも関係各位のご尽力と多大なるご協力の賜物と厚く御礼申し上げます。

 さて、我が国日本は、加速して進行する少子高齢化の渦の中にあります。2042年、団塊ジュニア世代が全て65歳以上となり、高齢化率は36.1%まで上昇すると予測されております。私たちは、世界でどこの国も経験したことのない未曾有の高齢化ゾーンに入っていくわけです。
 このような中で弊社の存在意義である「社会へ幸せをお届けする」ことを社員一同常に意識し、人として毎日0.1mmでも成長できるよう精進していく所存でございます。皆様におかれましては、今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますよう、切にお願い申し上げます。

令和元年5月吉日
株式会社 デ ベ ロ
代表取締役社長 浅野 芳生

株式会社デベロ 代表取締役社長 / 浅野 芳生 50周年記念インタビュー

株式会社デベロ 代表取締役社長 浅野 芳生